宮~Love in Palace 紹介

私がとても印象に残った韓国ドラマは「宮~Love in Palace」。ひょんなことから一般家庭で育った高校生の女の子が皇太子と結婚することになりました。ご先祖様の約束で逆らうこともできず、宮中入るのですが一見、玉の輿のようですが実は様々な困難が待ち構えています。宮中のしきたり、皇族としての仕事、お妃教育と様々な試練が待ち構えています。もともと政略結婚のようなものなので夫から愛されて結婚したわけではありません。高校生の女の子が両親から離れて、慣れない宮中で一人で奮闘しながら成長していくのですが、その前向きな可愛い姿に皇太子も少しづつ心を開きはじめ、彼女に愛情を持ち始めるのですが、同時に皇太子の従兄も彼女にひかれ始めます。  このドラマの見どころは政略結婚により一般家庭から宮中に入りすったもんだしながら成長していく女の子の前向きな姿です。慣れない環境でいろんな所で頭をぶつけながらも前向きに生きていく彼女の魅力にいろんな人が魅了されていきます。最初は皇太子もいやいやながらの政略結婚に逆らえず受け入れた結婚でした。皇太子妃には目もくれず前の彼女に未練もあり、一時は三角関係になるのですが、だんだん皇太子は政略結婚で一緒になった自分の妻にひかれていく変化の様子はとても見ごたえのあるものです。 宮中で洗練されどんどんきれいになっていく皇太子妃にはもう一人別の男性が現れます。皇太子の従兄で、彼は人妻だと知っていても彼女に対する気持ちが抑えられず、ここでもまた三角関係が発生します。ドラマのラストには皇太子妃の取り合い、クーデターや離婚騒動等様々な問題が起こるのですが、最終的には政略結婚ではなく普通の結婚として受け入れられ、皇太子妃のつわりでドラマが終わります。  一見玉の輿に見えるラッキーな結婚ですが、環境が180度かわり、夫からの愛情のない場所で過ごす生活はとても不安だったと思います。最初は見ていて本当にかわいそうで「卑劣なドラマだなあ。」と思いましたが、宮中での生活でどんどん洗練され、見違えるようにきれいになっていく彼女を見るのはとても楽しかったです。最初は普通の女の子だったのですが、ドラマ半ばでは皇太子の心をとらえ、その従兄の心をもつかみます。政略結婚、宮中生活、三角関係、離婚騒動、クーデターと心穏やかでない日が続きますが最後はハッピーエンドで終わります。はらはら、ドキドキの宮中恋愛ドラマは本当に楽しんで見ることができました。 次は適齢期惑々ロマンスを視聴予定です。

←トップページに戻る