Dr.JIN (ドクター・ジン) 紹介

「Dr.JIN (ドクター・ジン)」は天才外科医であるジン・ヒョクが現代から朝鮮王朝時代にタイムスリップしてしまい、そこで様々な人や病気と向き合うドラマです。過去にタイムスリップした為、医療器具も薬もありません。そんな過酷な状況の中でどのようにして治療するかが見どころとなっています。他にも朝鮮王朝時代の歴史上の人物が登場し、歴史と医療が絡むドラマにもなっています。治療をすることで歴史が変わってしまうというジレンマがありながらもジン・ヒョクはひたむきに病気やケガと向き合うのです。果たしてジン・ヒョクは医療技術の無い時代でどう対処するのか、現代に戻る方法は見つかるのか、感動のヒューマン医療ドラマです。詳しいあらすじはこちら

おすすめポイント

「Dr.JIN (ドクター・ジン)」は日本で大ヒットした大沢たかお主演のドラマ「JIN−仁−」を韓国版にアレンジしたもので「JIN−仁−」を知っている方は多いと思います。日本では江戸時代にタイムスリップしますが、韓国版では朝鮮王朝時代なので韓国ならではの衣装や文化が登場し、歴史ドラマとしても楽しむことが出来ます。タイムスリップなのでSFの要素もありますし、見ていて飽きることはありません。
そして、主人公を苦戦させる数々の病気や手術シーンにも注目です。伝染病であるコレラは、なんと主人公自身もコレラに感染してしまいます。そんな危機にも見舞われながら、周りの人の協力を得て解決していきます。
物語後半には戦うシーンもあり、ハラハラドキドキするアクションシーンも数多く登場します。
豪華な俳優陣にも注目です。ジェジュンが演じるキム・ギョンタクは、カッコ良くて女性ファンも多いと思います。イケメンの彼ですが、ドラマの中ではなかなか報われることが無い悲劇の男を演じています。
ヨンレを演じているパク・ミニョンも可憐で芯の強い女性を演じています。ヨンレはジン・ヒョクの事を好きになってしまうのですが、彼女はジン・ヒョクの妹に瓜二つなのです。そんな2人の恋愛関係もどうなってしまうのか注目です。
ただの医療ドラマではない、様々なジャンルが組み合わさって多くの人に楽しんでもらえるドラマとなっています。韓国ドラマを見たことが無い人でも見やすいですし、日本版である「JIN−仁−」の漫画を読んでいる人、またはドラマを見ていた人も、作品の違いを楽しむことが出来ると思うのでおすすめです。「Dr.JIN (ドクター・ジン)」を見始めたら、すぐに世界観にハマってしまうことでしょう。
←トップページに戻る