ショッピング王ルイ 紹介

「ショッピング王ルイ」は子供の頃に両親を亡くし祖母と暮らしていたルイが、占いによって祖母と離れて暮らし商品を見極める力を身に付けていき、ネットでは「ショッピング王ルイ」と呼ばれ業界を騒がせていました。
祖母の具合が悪くなりルイを後継者に指名した事から、韓国に帰国したルイを後継者を狙っていた者が事故に見せかけ消そうとし、ルイは事故に巻き込まれ記憶をなくしてしまいます。
家出をした弟を探していたボクシルと出会い、田舎暮らしで世間を知らないボクシルと御曹司で普通の生活をしたことがないルイが同居生活をおくる事になり、周りに助けられながらハチャメチャな生活がはじまっていき、ルイの記憶が戻る事で事件の真相がわかっていきます。

おすすめポイント

ルイのお金の使い方は一般の人からは考えられないもので、田舎暮らしで贅沢を知らないボクシルにとっては手がかかる子供の用で呆れてしまう面もありますが、笑ってしまう面も多くあります。
ボクシルはルイの記憶が戻る事で弟を見つけ出せると思っていますが、中々思うようにルイの記憶は戻らず不安をかかえながらも一生懸命前向きに生きようとするボクシルには感心させられ、ルイも少しずつ普通の生活に慣れていき、人と接する事で思いやりや優しさを身につけていきます。
後継者を狙っていた者が、事故でルイが死んだと思い喜びを隠しながらも悲しむ姿にはゾットしますが、ルイが死んでない事がわかると焦りはじめまた新たな犯罪を犯していきます。
後継者を狙っている者も指示を受けている者もどこか抜けていて、ハラハラするシーンもありますが、あまりドロドロさを感じる事無く見る事が出来ます。
ルイとボクシルの天然な所や、周りの人のキャラも個性的な方が多いので展開がおもしろく引き込まれて行き、ルイの記憶が戻り悲しい出来事もありますが、周りの助けもあり乗り越えて幸せをつかんでいく姿は見ていて微笑ましく、悲しみや苦しみは時間が解決してくれることを実感します。
記憶を無くしたとは言え、ルイが頬を膨らましながらおいしそうに食べる所はとても御曹司には見えず、高級な物ばかり食べていたはずなのに庶民の味に感激する事が多く慣れて行く様子も面白いです。
事件の真相もわかりこれで終わりかなと思いますが、ルイとボクシルの運命を感じさせる出来事があり、二人の結婚式だと思って見ていると意外な二人の結婚式で、ボクシルに思いを寄せていた上司にも新たな出会いがあり最後まで楽しめるドラマです。
←トップページに戻る