百年の花嫁 紹介

カリスマ経営者のガンジュは太陽グループの令嬢イギョンと婚約しているが、実際は愛はなく家のための政略結婚だった。そんなある日イギョンにそっくりなドゥリムがバイト中にイギョンの兄イヒョンを事故から救うがイヒョンは妹にそっくりなドゥリムを身代わりにしようと考える。
と言うのもガンジュの先祖は結婚してすぐに花嫁がなくなっていて「花嫁が死ぬ」とおもわれていたのだ。当然愛情のないガンジュはイギョンが偽物のドゥリムと入れ替わっていると気づかない。
それでも性格の悪いイギョンと性格の良いドゥリムにだんだんと違和感を覚え惹かれていくガンジュ。最終的には家に伝わる言い伝えも乗り越えて二人が結ばれるというストーリー。「百年の花嫁」詳しいあらすじはこちらがおすすめです!

おすすめポイント

イケメンだが正確に難有りのガンジュがドゥリムの純粋で真っ正直に生きる姿を見て、最初は気づかないがだんだんと違和感を覚え惹かれていく。ちょっとありがちなストーリーではあるが最終的にはそんなドゥリムを愛し言い伝えから守りたい一心なのが伝わる切ない場面が印象的。
ガンジュの家で昔亡くなった花嫁は敷地内で供養されており幽霊となって現れるシーンはとても迫力がある。
実はその言い伝えも愛し合っていた二人を引き離す為に花嫁を殺し、その後がまにつこうという陰謀からの殺人であったということが分かったのだが、その事を必死に隠そうとするガンジュの母親。そしてそのガンジュとイギョンを結婚させたいが、イギョンの母が娘が死なせる訳にはいかないと駆け引きする。
イギョンの兄イヒョンもドゥリムにだんだんと惹かれていき三角関係になったりハラハラ、ドロドロのストーリー。基本的には韓流ドラマにある複雑な人間関係のドラマだか恋愛要素に少しのコメディ、そしてサスペンスもありで次はどうなる?と展開が読めないところも面白い。
個人的にはエフティアイランドのイ・ホンギが目当てで観始めた私でしたが、イギョンとドゥリムの二役をしているヤン・ジンソンがかわいいのと性格の悪いお嬢様イギョンを演じる時と性格の良いいなか娘のドゥリムを演じる時の表情の違いがとても上手に表現されていて一人二役なのに同一人物ではないのではないかと思うくらい顔が違う。厳密にはイギョンの時はいかにも性格が悪そうだしドゥリムの時は性格が良さそう(笑)表情だけであそこまで演じられるのはすごいと思う。そしてイ・ホンギはどうし性格のひねくれた役ばかりなんだろう?と思いつつも、それがすごく自然で合っていると思う。
←トップページに戻る